浮気調査の目的と、注意することについて。

浮気調査の目的は、相手と別れさせて関係を修復すること、離婚を成立させること、離婚の際に慰謝料を請求したり、相手との交渉を有利に進める為に行います。
また、慰謝料請求をする場合には、相手の住所や連絡先が分からないと請求できないことや、資産や収入に応じて請求額が変わる為、住所や職業の確認も必要になります。
手段は、尾行や張り込みなどをして、浮気や不貞の証拠を撮影し、報告書などで表すのが一般的で、対象人物によっては調査方法が変わってきます。
浮気調査には、自分で調査するのと、探偵や業者に依頼する2パターンがあります。
費用などを考えれば自分でする方が安くなります。
しかし、その際に注意することは、絶対に相手に気づかれないと言う事です。
浮気を疑ってるのがバレたら意味がありません。
それに、浮気をしていないという事になれば、相手との関係に溝が生じ、立場が悪くなる事もあります。
また、自分で調査した証拠では確実に立証する事が出来ない場合が多く、離婚裁判や慰謝料請求を行っても満足な結果にならない事もあります。

不倫調査